「オウム信者脱会カウンセリング」出版のお知らせ

此の極寒の雪安居に、二十年来のオウム信者の脱会カウンセリング活動を、一冊の本に記しました。
ご一読ご批評いただければ、幸に存じます。また 御縁ある方々に広くお知らせいただき、共にこの問題を共有いただければ有難いです。

オウム信者脱会カウンセリング
ー虚妄の霊を暴く仏教心理学の実践事例−

定価(本体1500円+税)2015/3/21発売
発売:星雲社 ISBN978-4-434-203992-2
全国の書店で購入、注文出来ます。
表紙最終

   目次
   出版に寄せて オウム真理教家族の会 会長 永岡弘行
   はじめに
第一章 虚妄の霊 続きを読む

3.11祈りの風景 2015

2011.3.11直後、支援物資と共に、ツァツァを奉納した福島県相馬市の海岸。
 チベットのタルチョが風にたなびき、大地を癒すツァツァが埋められたこの海岸の地は、その後2011/5/11天皇皇后両陛下が、2011/11ブータン国王夫妻がお祈りを捧げられた不思議な霊場となっています。
チベットに伝わる「ツァツァ」は、地に埋めることで大地のエネルギーを浄化すると言われます。粘土で型取り、素焼きにし、底部の穴には経典や真言、貴重なレリックスを納めています。タルチョ(仏旗)は天を清め、ツァツァは地を清め、マニ車の経典が、人を清めます。
日本全土で起こる地震や火山の噴火という天災を「大難を小難に、小難を無難に」と祈り、チベットの霊的なオブジェを全国各地に埋めて歩いています。
祈りが自然と通じますように。

IMG_1196

tennou201105

チベット暦の新年ロサをお祈りいたします

チベット旧暦の新年ロサをお祈りいたします。
FullSizeRender

マンジュシュリナーマサンギーティ(文殊師利真実名経)
ランツァ文字、デーバナーガリー文字、チベット訳、漢訳、日本語訳のβ版を編纂し、ブッダガヤセレモニーで読誦しました。
世界が平和になりますよう、チベットのお正月を祝い、お祈りします。

2015モンラム・チェンモ/ブッダガヤ世界平和セレモニー 平和への祈り

 2015年1/21チベット陰暦新月より1/30までの10日間、ブッダ成道の地、インドブッダガヤにて「第26回ブッダガヤ世界平和セレモニー/モンラムチェンモ」が行われます。
 ブッダ成道の地で約一万人のラマ僧の読経が響く中、日本から20名の方々と共に公式参加いたします。

 モンラムの平和への祈りが、無明の世を晴らし、全ての衆生に智慧の光明が届きますよう、お祈りいたします。


世界経綸弥勒の世の扉が開きますよう、心からお祈り申し上げます

世界経綸弥勒の世の扉が開きますよう、心からお祈り申し上げます。
雪安居に似合う大雪です。
10888806_760640447348442_6619295880249614784_n

10891762_760640580681762_3048632536754419042_n

チャタール・リンポチェの言葉

 世俗における末法の世に、四大を因とした多くの自然災害が起こる。
また、悪魔の力が戦争を扇動し、数限りない武器が使用される。
この魔の力は世界を荒廃させ、人々を恐怖に陥れ、世界を戦争に引きずり込んできた。
今も、魔の力は新たな武器を必要としている。

 だから、私たちは深く三宝を敬い、
希望の祈りを、分かち合いの祈りを、
そして神仏への祈りを続けるのだ。

私たちは人として祈り続ける責任がある。
  12:16

水と火と光の雪安居

先月、今冬10t分の薪割りを終えました。腰と肩が、今も痛い。
12:3
3年前に設置したオフグリッド(独立型)ソーラー発電システム。先日、友人からアドバイスを受け、ベストコンビネーションに再配線をしました。パネル(総出力量600W)が数種類あるので各々にコントローラーを通し、24V(12V直列配線)バッテリーに接続。今回更に、ディープサイクルバッテリーを増設したので450A分の容量。
 500W擬似正弦波インバーターからオフグリッド室内専用回路へ。テレビ、wifi、HD、ノートパソコンや携帯の充電、廊下や階段、2Fの室内照明全てをLEDで賄い、まだまだ容量があるので何を接続しようかと思案中。
 どのような災害が起きるか分からない時代に、非常用電源の確保はこの山奥では重要な設備なのだろう。そして今、更なるシステム構築実験へと動いています。

10517421_736737203072451_2323680591781564556_o

5年掛けて2km先の谷から引っ張った山水は、昨夜の寒気で敢え無く凍結、、、。来週の晴れ間に治せればいいのだが。

厳寒を生き抜く智慧と実践の地にて、「雪安居」が始まった。

今日は仏陀三道宝階降下の日です。

今日は仏陀三道宝階降下の日です。
仏陀三道宝階降下の吉祥日をお祝いしましょう。

御嶽大権現祝詞真言

オーン
御嶽大権現の大御霊様
世界経綸の扉を開く
みのおわりの艮の金神にて
遥か古より万国大日の本におわします
豊受大神国常立尊
 
その本地は観世音菩薩にして
慈雨の如く衆生を豊かに潤し恵みて
法身阿弥陀如来の智慧の光明
密意パドマサムバヴァの金剛心
円満成就の神変を以て

八紘一宇の大日の本を
栄え給え、幸え給え
守り給え、鎮まり給え
安寧の弥勒の世へと、導き給え

三世十方諸仏の如来の智慧よ
最善の働きへと解き放ち給え

かむながらたまちはえませ
かむながらたまちはえませ
フン パット

御嶽山噴火への祈り

チベットに伝わる「ツァツァ」は、地に埋めることで大地のエネルギーを浄化すると言われます。
粘土で型取り、素焼きにし、底部の穴には経典や真言、貴重なレリックスを納めています。
タルチョ(仏旗)は天を清め、ツァツァは地を清め、マニ車の経典が、人を清めます。
今までに、富士山、白山、御嶽山、位山、天河、スリランカの津波後の各地の海岸、そして福島相馬の海岸など全国各地に、またご仏縁ある方々に奉納させていただきました。

「大難を小難に、小難を無難に」と祈り、御嶽山噴火以後、チベットの霊的なオブジェを御嶽山周辺に埋めて歩いています。

祈りが自然と通じますように。

IMG_1196

過ぎ去りし夏の風景

002

003

001

グル・リンポチェ、パドマサムバヴァの降誕会をお祝いします

本日8月6日、チベット陰暦6月10日は、
三世諸仏と等しいグル・リンポチェ、パドマサムバヴァの降誕会です。
大楽浄土の清浄なる悉地へと、
願いが自然と成就しますように。Nyingmapa_Padmasambhava

祝福の相伝

d01_Nyingma Lineage - Copy
法身普賢如来が、法界から法を説かれた
金剛薩埵が、虚空で聞法された

金剛薩埵が、虚空から法を説かれた
ガラップ・ドルジェが、須弥山山頂で聞法された

ガラップ・ドルジェが、須弥山山頂から法を説かれた
マンジュシュリミトラが、須弥山中腹で聞法された

マンジュシュリミトラが、須弥山中腹から法を説かれた
シュリシンハーが、須弥山山麓で聞法された

シュリシンハーが、須弥山山麓で法を説かれた
パドマサムバヴァが、大海の岸でその教えを聞法された

パドマサムバヴァが、大海の岸でその法を説かれた
イェシェ・ツォギョルが、その教えを雪山のチベットで聞法された

その法は、言葉によって理解することができず、
祝福の力によって、熟し、解脱として伝えられた

法身普賢如来は、思考の限界を超えている
全ての衆生は、すでに明知に満たされているのだ

仏界と世俗は、大楽の境地に共に留まる
自生の智は、大覚の境地に満たされている

「ゾクチェン、セムデの教えの相伝」から
2007、Erik Pema Kunsang with Tara Trinley Wangmoが、読経の為に英訳した

ラマ・ミパム・リンポチェの御生誕日

今日は、ラマ・ミパム・リンポチェの御生誕日。(1847-1912)
1992年「静寂と明晰」を訳出。その後、世界的に中観哲学者としてのラマ・ミパムの評価が高まり、今では世界中の多くの仏教学者が著作研究を深めている。
文殊菩薩の転生者として尊敬を集め、遷化後霊地シャンバラのカーラチャクラ宮にて今も禅定に留まる超宗派運動の高僧。
Mipham

ある夏至の一日


ある夏至の一日
山川草木の響き
和するささやき
共に揺らぎの中

本日新暦5月29日より、チベット陰暦4月「サカダワ」です

本日新暦5月29日より、チベット陰暦4月「サカダワ」に入ります。
「サカダワ」とはシャカの月とも言い、お釈迦様の降誕(8日)、成道、涅槃(15日)がこの第4月のサイクルに生起しました。
この月の善行の功徳は何万倍に影響します。
仏縁深き法友と共に、仏道を成ぜんことを。
14:5:29

白樺にそよぐ風と光

サンゲェ・リンパの埋蔵教法「ラマゴンドゥ」

サンゲェ・リンパの埋蔵教法「ラマゴンドゥ」のトンドル(見る事で解脱できる教え)
14:4:29

お釈迦様の降誕を心よりお祝い申し上げます。

お釈迦様の降誕を心よりお祝い申し上げます。

シャカムニ仏陀

3.11祈りの風景 2014

今年も3.11の震災の祈りを、宮城県岩沼市を訪れ、交流ワークショップとお祈りをさせていただきました。
復興の風景は訪れる度に整えられているようですが、被災された方々の心情は様々な模様があり、個々の癒しの重要性を感じました。
 2011.3.11の震災直後の3/19、福島県相馬市に、緊急支援物資を持って駆け付けた、あの緊張の時から3年が経ちました。

今年は、宮城県松島町にある瑞巌寺の瑞巌僧堂で修行する正眼短期大学の卒業生を訪れ、東日本大震災の供養をお祈りさせていただきました。
無明を晴らす祈りと瞑想は、心の本質としての光明を見出す他に道はないと確信し、仏法を求める教え子の姿に祈りました。
震災以後、毎年訪れ祈りを捧げる地は、私にとっての「3.11祈りの原風景」です。

http://oddiyana.com/2013/03/1388/

チームお地蔵さん活動