投稿者「頓覚阿法」のアーカイブ

チベット仏教講座再講のお知らせ

五濁悪世の現成公案
̶自然治癒力の智慧で刧濁を生き抜くー

☆甚目寺観音法花院仏教講座
場所:甚目寺観音内法花院(愛知県あま市甚目寺町門前1
日時:2021年10月16日(土)午後4時~6時

☆円徳寺仏教講座
場所:円徳寺本堂(岐阜市神田町6)
日時:2021年10月17日(日)午後3時~5時

会費:二千円(上記二カ所基本同じ内容です)

 長い自粛の時を経て、仏教講座を今月再講のお知らせをいたします。

 末法の世の刧濁には、戦争、飢餓、疾病の蔓延が起こると示されています。今、世界で起きているパンデミックや様々な問題を見つめ、その因果を考え、世界の中で自分の生き方と関わり方を深めていきたいと思います。
 今まで学んだ密教の霊性の視点から、見えない先の世界を観、聞こえない神仏のメッセージを聴き、開かれた密教曼荼羅の世界観と実践行を深めてゆきます。
 今回の仏教講座では、瞑想ヨーガ、クムニェの実習を行いながら、世界的な刧濁を生き抜く智慧を考えます。

チベット仏教金剛乗ニンマ派
ウッディヤーナ山タルタン寺 林久義

問い合わせは以下のメールでお願いします。
お寺への直接連絡はご遠慮下さい。
oddiyana☆gmail.com(☆は@)

ウエサク祭を記念して

アメリカ史上初めて、仏陀の誕生、悟り、涅槃を祝うウエサク祭が、本日ホワイトハウスで行われました。ウエサク祭を記念して、ホワイトハウスからの公式声明が、バイデン大統領によって発表されました。

金剛乗代表として、タルタン・トゥルク・リンポチェが灯明を灯されました。

For the First Time Ever, the White House Celebrates Vesak, the Buddha’s Birthday

チャタールリンポチェの要訣

チャタールリンポチェが遷化される前(103〜105歳)、弟子が尋ねました。
「将来、ダルマは発展するのか衰退するのか、どうなるでしょうか」
チャタールリンポチェはこう答えられました。

「人里離れた場所で集中瞑想を実践する師に帰依し、支持すべきだ。
悟りを得る為には、指導者の下で緻密な教えを実践するリトリートに入るべきだ。
そうでなければ、虚しい法話をする師が、あちこちにあふれている現代になってしまう。
これらの無知な者達は名声と富を追いかけ、自分の一派を確立したいだけだ。
無知な者達が仏法への嫌悪感を人々に撒き散らし、遅かれ早かれ仏教の衰退を招くだろう。
それ故、真のダルマは寺院にはなく、書物にも物質世界にもなく、心の本質にのみある。
ダルマを継承し伝法するために、瞑想修行をし、覚醒し、それを体現することが必要なのだ」

タルタン・トゥルク・リンポチェからのクリスマスメッセージ

親愛なる法友へ

この年末年始は、深刻な自制の時期となります。

私たち米国カリフォルニア州のサンガは、これまでは、恐ろしいコロナウイルスのパンデミックの深刻な状況に無傷であったことは幸いでした。私たちは仏の加持を授かっていると信じています。

しかし、現実の地球上は、多く人たちが不幸に満ち溢れています。私たちの友人や隣人に対し、自身の事として心に深く刻み接することを切に願います。私たちは常に彼らの苦しみと共にいることを忘れてはなりません。

世界の不確実性の動きの中であっても、私たちのサンガは貴重な仏法の教えを保存し提供する使命を保ち、仏法への奉仕を持続することができました。私たちの多くのプロジェクトに対し、引き続きご支援いただくことに、心より感謝申し上げます。


この困難な時代を乗り越える為、心を共に寄せて頂いていることを嬉しく思います。この地球上のすべての命ある方々に、私たちニンマのサンガから苦しすべての命のために、共に幸運を祈りましょう。

現在の恐ろしいパンデミックに直面した人々や地球上の全人類に、グル・パドマサンバヴァのヴァジュラ・グル・マントラを共に唱えましょう。世界に広がる恐怖から、人々の心に平和と安らぎ、そして心の解放がもたらされるよう、マントラの加持力を観想しましょう。

皆様の幸せと安寧を心よりお祈り致します。

多くの祝福と最高の祈願を込めて。

タルタン・トゥルク・リンポチェ