オディヤン寺院

タルタン・トゥルク・リンポチェへのインタビュー

生徒

リンポチェは、北カリフォルニアの山中に巨大なオディヤン寺院を建 築されました。その建築計画や建設を通して、西洋の土地に仏教の礎石を築くという偉大な貢献をされたと思います。このオディヤンプロジェクトには、鮮明な 未来へのヴィジョンが含まれていると感じられますが、そのヴィジョンとプロジェクトの現実についてお話いただけますか。

リンポチェ

オディヤン寺院は、ひとつのマンダラの中心です。宇宙的なレベルで は、オディヤンが宇宙エネルギーの中心とも言えるでしょう。マンダラの中では、全ての要素が同じような中心を持つと言われます。チベット仏教では、マンダ ラは芸術や建造物において極めて重要な要素とされています。オディヤン寺院は、西洋に造られた初めての本格的なチベットのマンダラ建築なのです。やっと始 まったばかりの出発点なのです。二〇年もかかりましたが。

オディヤンのストゥーパやニンマ版のチベット大蔵経を含めた上での オディヤン寺院の完成というものは、きたるべき未来の精神的な基盤を具現化しているといえるでしょう。未来の仏教徒の道の一つの象徴とも言えます。ここで 何が行われ、顕現化していくかは、オディヤン寺院にやってくる生徒たちにかかっていると言えます。生徒たちは自分自身の行動を通して、オディヤンという絶 えることのないダルマの現れに自ら参加していくのです。私たちが、オディヤン寺院を造り始めた時、そのビジョンはまだ明確ではありませんでした。しかし今 では、その姿が相当はっきりしてきていると言えるでしょう。オディヤン寺院は、仏教を真剣に修行したい人のための道場です。マンダラには、常に四方に四つ の門が描かれています。ですから、オディヤンの四つの門も、ダルマを学ぶことを真剣に取り組む人ならば、くぐることの許されるマンダラなのです。

>(夢ヨーガ チベット仏教至宝の瞑想 第六章ヴィジョンより抜粋)