チベット医学の瞑想ヨーガ クムニェ

チベット医学の瞑想ヨーガ クムニェ


クムニェの歴史的文献は、チベット医学書の中や仏 教の律蔵の中などに見られます。チベットの医学書は 身体と宇宙の法則に従って生きることを主題にしてお り、広範な治癒法の解説をも含んでいます。この様に クムニェは、インド医学や中国医学に連なるチベット 医学において、精神と医学の理論と実践の系譜に属す るものです。この系譜はヨーガや気功、針灸などを含む数多くの養生法として発展してきました。更に、現在の心身修行法のルーツでもあります。

ここで語られる瞑想ヨーガ、クムニェのシステムは私自身の体験を通して、特に現代のニーズに合う様に改良されたものです。チベットで過ごした少年時代に、内科医であり在俗ラマであった父が、私にクムニェを 教えてくれました。残念ながら、クムニェはチベットでは独立した形として広まってはおらず、ほとんどの 教えが他の修行の中にその一部として組み込まれてい ます。私の師たちは、ニンマ派のゾクチェンの法脈に 伝わる身体の微細なエネルギーシステム、ニンティク・ ツァルンという伝統的なヨーガ行法を口承する時に、クムニェの基本理論と実践を一つの準備段階として教え てくれました。しかし、クムニェは今日まで体系的に 活字化されていませんでしたので、私のクムニェの実践を一冊の本にまとめることは、冒険的で実験的な特徴あるものになりました。

チベット医学の瞑想ヨーガ クムニェ -リラックスとバランスの自然治癒力心身養生法- 序文より