月別アーカイブ: 8月 2015

ネパール大震災への支援活動報告

この度は、ネパール大震災への支援の浄財を御喜捨いただきましてありがとうございます。心より感謝のお礼を申し上げます。
 4月25日にネパールを襲った大地震の被害は、耐震強度を持たない寺院や住宅を倒壊させ、また道路を寸断しライフラインが断たれ、ネパール人にとって多くの犠牲を強いられた悲しい災害となってしまいました。震災より三ヶ月を過ぎ、今では酷い余震もなく生活は徐々に平穏を取り戻していると聞いています。

 私たち「NPO法人☆星☆」は知的障害者カウンセリング支援団体ですが、東日本大震災での支援を機会に災害支援を行うことを方針の一つとし、この度のネパール大震災への支援もささやかながら行動を起こしました。
 支援方針は、ネパール現地の多民族社会ゆえの複雑な政治状況と過密化したカトマンズ盆地や山岳地帯での物流経済状況等を鑑み、パタン(バクタプール)市ロータリークラブへの提携支援を中心に行うことと判断しました。

 5月末に第一次支援金を送金しました。そしてこの度、7月末を以って第二次支援金とし、37万円を送金することができました。多くの皆様から御喜捨いただいた浄財は、一次と二次の支援金、合計約100万円の浄財を現地のヒマラヤパタンロータリークラブに銀行間送金によって確実に届けることができました。
 どうもありがとうございました。心より感謝の気持ちを申し上げます。

 皆様の心あるネパールへの温かい想いは、ヒマラヤパタンロータリークラブを通して、震災直後に被災地へ食料、毛布、簡易浄水装置など緊急支援物資の配布がされました。また6月からは被災地の各小学校の子供達の支援を中心に、学習教材、カバンなどを配布しています。
 また、家や資産、家族を失った子供達のメンタルケアを女性たちが中心となって行っています。そして、現在は、壊れた学校の修復に可能な限り取り掛かり、明日を担う若い命へのサポートを行っています。
 ネパール大震災への支援活動は今後も必要に応じて引き続き行ってゆきたいと思いますが、この3ヶ月間の支援活動報告としてご連絡を申し上げます。
 今後とも「NPO法人☆星☆」の活動を、どうぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

                    合掌

                    NPO☆星☆ 代表 林久義