月別アーカイブ: 7月 2013

グル・リンポチェ、パドマサムバヴァの降誕会をお祝いします

guru

本日7月18日、チベット陰暦6月10日は、
三世諸仏と等しいグル・リンポチェ、パドマサムバヴァの降誕会です。
大楽浄土の清浄なる悉地へと、
願いが自然と成就しますように。

吉福伸逸氏のご冥福を心よりお祈り致します

 80年初頭インド帰りの跳んだ私を受け入れて頂き、吉福氏よりグルジェフワークとニューサイエンス、トランスパーソナル心理学を数年間直接指導して戴きました。
 1983年「TSKセミナーin東京」を主催した吉福氏の縁から渡米し、オディヤン寺院にてタルタン・トゥルク・リンポチェより、ゾクチェンを授かる稀な仏縁をいただきました。

 吉福氏のクールながらも要訣をついたアドバイスによって、私の精神の道を奥深いものへと導いてくださり、深く感謝いたしております。吉福氏の当時のC+Fの仕事部屋は禅寺の老師の方丈ような、厳しくも内心ユーモアーに包まれたトーンが、今でも忘れられません。

 C+Fという精神の実験の場で、故山田龍宝氏、故青山貢氏といった多くの先達との出会いの中で、今という時代の責任を強く感じております。
 吉福伸逸氏のご冥福を心よりお祈り致します。

吉福伸逸 メモリアル “Don’t mourn but celebrate”

「オロ」映画上映会  ヒマラヤを越えて、チベットから亡命した6歳の少年の物語

日時:7月27日(土)午後3時、午後7時 二回上映
場所:愛知県あま市甚目寺観音内法花院
会費:1000円
主催:NPO法人☆星☆ 大悲心供養実行委員会

 この度、愛知県あま市甚目寺観音内法花院にて、「オロ」映画上映会を行う運びとなりました。
 2010年3月には「大悲心供養」と題し「チベット亡命1959記録写真展」を行いました。中国政府によってチベットが侵略され、10万人以上のチベット人がインドを始め世界中に亡命して54年。今も多くのチベット人がヒマラヤを越えてチベット文化を学び守る為に亡命しています。
 昨5月に亡くなられた岩佐寿弥監督を偲びながら、遺作「オロ」の上映会を通し、チベットの少年の「生きる魂」に触れる事で、チベット亡命の現実を知っていただけるよう願っています。
olo1
続きを読む