チームお地蔵さん活動」カテゴリーアーカイブ

ネパール大震災への支援活動報告

この度は、ネパール大震災への支援の浄財を御喜捨いただきましてありがとうございます。心より感謝のお礼を申し上げます。
 4月25日にネパールを襲った大地震の被害は、耐震強度を持たない寺院や住宅を倒壊させ、また道路を寸断しライフラインが断たれ、ネパール人にとって多くの犠牲を強いられた悲しい災害となってしまいました。震災より三ヶ月を過ぎ、今では酷い余震もなく生活は徐々に平穏を取り戻していると聞いています。

 私たち「NPO法人☆星☆」は知的障害者カウンセリング支援団体ですが、東日本大震災での支援を機会に災害支援を行うことを方針の一つとし、この度のネパール大震災への支援もささやかながら行動を起こしました。
 支援方針は、ネパール現地の多民族社会ゆえの複雑な政治状況と過密化したカトマンズ盆地や山岳地帯での物流経済状況等を鑑み、パタン(バクタプール)市ロータリークラブへの提携支援を中心に行うことと判断しました。

 5月末に第一次支援金を送金しました。そしてこの度、7月末を以って第二次支援金とし、37万円を送金することができました。多くの皆様から御喜捨いただいた浄財は、一次と二次の支援金、合計約100万円の浄財を現地のヒマラヤパタンロータリークラブに銀行間送金によって確実に届けることができました。
 どうもありがとうございました。心より感謝の気持ちを申し上げます。

 皆様の心あるネパールへの温かい想いは、ヒマラヤパタンロータリークラブを通して、震災直後に被災地へ食料、毛布、簡易浄水装置など緊急支援物資の配布がされました。また6月からは被災地の各小学校の子供達の支援を中心に、学習教材、カバンなどを配布しています。
 また、家や資産、家族を失った子供達のメンタルケアを女性たちが中心となって行っています。そして、現在は、壊れた学校の修復に可能な限り取り掛かり、明日を担う若い命へのサポートを行っています。
 ネパール大震災への支援活動は今後も必要に応じて引き続き行ってゆきたいと思いますが、この3ヶ月間の支援活動報告としてご連絡を申し上げます。
 今後とも「NPO法人☆星☆」の活動を、どうぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

                    合掌

                    NPO☆星☆ 代表 林久義

ネパール大震災支援報告

拝啓

 皆様におかれましては、益々御弥栄のことと存じます。
この度は、ネパール大震災への支援の浄財を御喜捨いただきましてありがとうございます。心より感謝のお礼を申し上げます。現在、ネパール政府による海外からの送金規制がありますが、直接届く手立てが確立しましたので、御喜捨いただいた浄財は現地のヒマラヤパタンロータリークラブに確実に届けることができる運びとなりました。
 皆様からの御喜捨いただいた浄財は60万円となり、第一次支援金として現地に送金することができました。 続きを読む

ネパール大地震への緊急支援の浄財のお願い

 この度のネパール大地震の被害にあわれた方々には心よりのお見舞いを申し上げます。私は35年来のネパールとの深い仏縁を以って、ネパールへの支援をさせていただきたいと思っております。

 海外であるネパールへの支援は、ネパール現地の多民族社会ゆえの複雑な政治状況と過密化したカトマンズ盆地や山岳地帯での物流経済状況等を鑑み、パタン(バクタプール)市ロータリークラブへの提携支援を中心に行うことを以下の理由から判断しました。

1)パタン市ロータリークラブは、すでに震源地や地方の被災地への食料やテント、毛布、医薬品、水の簡易濾過装置による給水等の直接的支援を自費で始めています。パタン市中心部の旧王宮でも多くの文化財的寺院が倒壊し死傷者がいますが、パタン市ロータリークラブできる限りの震源地地域を中心に回り状況を把握しながら、迅速な救援支援を行っています。
 パタン市は釈迦族の末裔とも言われる仏教徒のネワーリ族が暮らし、仏像や仏画、建築物などネパール伝統美術文化製作の中心的役割を果たしております。ネワーリ族は仏教徒として温厚で誠実な性格で、その勤勉さからの精密な仏教美術工芸作品は世界的に評価されています。
 私は、2008年から2010年にかけて行われた「スワヤンブナートストゥーパの大修復プロジェクト」にスタッフとして参加した際にも、プロジェクトの修復作業は全てサキャ族によって実質的作業が進められてきました。
 中でもパタン市ロータリークラブはパタン市仏教協会と共に慈善活動を長く行っている信頼ある団体です。
 私はオディヤン寺院で共に修行をした法友ソナム・サキャ氏を始め多くのサキャ族の法友との仏縁から、この度のネパール大震災の支援活動をパタン市ロータリークラブ、パタン市仏教協会への支援体制を構築したいと思います。 続きを読む

3.11祈りの風景 2014

今年も3.11の震災の祈りを、宮城県岩沼市を訪れ、交流ワークショップとお祈りをさせていただきました。
復興の風景は訪れる度に整えられているようですが、被災された方々の心情は様々な模様があり、個々の癒しの重要性を感じました。
 2011.3.11の震災直後の3/19、福島県相馬市に、緊急支援物資を持って駆け付けた、あの緊張の時から3年が経ちました。

今年は、宮城県松島町にある瑞巌寺の瑞巌僧堂で修行する正眼短期大学の卒業生を訪れ、東日本大震災の供養をお祈りさせていただきました。
無明を晴らす祈りと瞑想は、心の本質としての光明を見出す他に道はないと確信し、仏法を求める教え子の姿に祈りました。
震災以後、毎年訪れ祈りを捧げる地は、私にとっての「3.11祈りの原風景」です。

http://oddiyana.com/2013/03/1388/

チームお地蔵さん活動

3.11祈りの風景

 2011.3.11の震災直後の3/19、緊急支援物資を持って駆け付けた福島県相馬市に、今年の3.11も宮城県岩沼市在住の友人と一緒に訪れ、お祈りをさせていただく機会を得ました。

 被災地の瓦礫は綺麗に撤去されているものの2年前と同じ津波被害の風景に、当時の悲しみの思いが今も残っています。
IMG_038609
 震災直後に心からのご冥福とお祈りをさせていただいた原釜地区の海岸には、当時一本だけ残った松に祈りを託した「タルチョ(チベットの祈りの仏旗)」が2年の風雪に耐えながら、今も風にたなびき、震災被害の悲しみを癒しているかのようでした。

 チベットのタルチョが風にたなびき、大地を癒すツァツァが埋められたこの海岸の地は、その後2011/5/11天皇皇后両陛下が、2011/11ブータン国王夫妻がお祈りを捧げられた不思議な霊場となっています。
tennou201105
震災後、毎年訪れ祈りを捧げるこの場所は、私にとって「3.11祈りの原風景」と言えます。

ブータン国王がお祈りされた福島県相馬市原釜地区の海岸

ブータン国王がお祈りされた福島県相馬市原釜地区の海岸は、震災直後、2万食の食料や衣料等の援助物資を持って行った後、ここでお祈りをしツァツァで鎮魂した場所でした。奇遇です。丁度、国王がお祈りをされた後ろの松の木には、グル・リンポチェ、パドマサムバヴァのタルチョ(仏旗)が今も風になびいています。

VIDEO 東北関東大地震の津波によって被災した福島県相馬市原釜地区2011:3:20
http://npo-hoshi.org/?page_id=92

新しくNPO法人☆星☆「お地蔵さんプロジェクト 」のサイトを開設しました

新しくNPO法人☆星☆「お地蔵さんプロジェクト 」のサイトを開設しました。

NPO法人☆星☆

「お地蔵さんプロジェクト 」の活動報告、VIDEO等をアップしましたので、

ご確認下さい。

どうぞ、よろしくお願いします。

福島県相馬市への緊急支援物資の配送についてのご報告

この度は、東北関東大震災に対して、NPO法人☆星☆の活動「チームお地蔵さん」として、福島県相馬市に対して、20日に第一便、23日に第2便で

☆カレー、シチュー、トマトソース、パスタなどの業務用レトルト食品、18,720食分

☆衣料約500着

☆飛騨高山の菓子、味噌、漬け物等各組合を通して、約40万円分

☆その他500ccお茶約100本分、ラーメン、乾電池40パック、ミルクおむつトイレットペーパーなど多数、

2トン車分を直接、現地災害対策本部に対して輸送しました。

25日には、また第3便を高山で集まった物資を搬送する予定でいます。

現地では、連休明け辺りから物資が行き渡り始めています。

今後は、中長期的な支援体制の構築を計画しております。

ただ今、HP、メーリングリスト等の構築をしており、詳細は随時、ご報告申し上げます。

NPO法人「☆星☆」の活動支援に対するご喜捨は、

口座は以下の口座にお願いします。

以下、振込先です

三菱東京UFJ銀行

枇杷島(ビワジマ)支店 店番372

普通*0018245

特定非営利活動法人 星

どうぞご理解のほど、よろしくお願い致します。

合掌

林特定非営利活動法人 星

代表理事 林 久義

愛知県あま市甚目寺町甚目寺字東門前36

甚目寺観音法花院内

「チーム・お地蔵さん」報告 11/3/18

「チームお地蔵さん報告」  11/3/18

今現在確保出来る食品業務用パスタ、カレー、ビーフシチューなどのレトルトパック約4000食、味噌、飛騨の駄菓子、衣服など、午後食品会社にて荷物受け取り。

釈迦院に於いて荷物まとめ、梱包準備。

岐阜県庁防災課と協議。

支援物資搬送の為のトラック確保。

支援物資搬送の為の岐阜県警と緊急車両通行証の申請。

災害支援物資受け入れ先決定! 相馬市

相馬市は現在、5000人が15ヶ所に避難されておられます。

今だ、一日朝昼夕とおにぎり一個の避難生活を聞いております。

微力ながらも、支援の気持ちを伝えたいと思います。

今現在、名古屋から高山に向けてトラックが走っております。仮眠を取って、明日朝、高山から相馬市向けて、一気に出発致します。

「チーム・お地蔵さん」活動 NPO法人「星」

「チーム・お地蔵さん」活動 NPO法人「星」

災害救援物資のレトルト食品、合計18,760食分確保、手配完了

岐阜県庁防災課災害支援担当者と輸送ルート相談

飛騨高山ボランティア団体「コミュニティ飛騨」と輸送ルート相談

飛騨高山菓子組合、高山味噌組合、高山漬物組合の協力による食品提供確認

飛騨高山からの第1便は平成23年3月18日、被災地へ搬送準備

第2便は平成23年3月25日発送予定

企業経営者による義援金提供 ありがとうございます。

末法にこそ、お地蔵様の精神が生きる、と信じている

末法にこそ、お地蔵様の精神が生きる、と信じている。

ただ今、東北地方太平洋沖地震の被災地の方々への支援のために、
NPO法人「星」を通して、食料等の支援物資を送る手配をしております。

拝啓 高山市民の皆様

皆様におかれましては、益々御弥栄のここと存じます。
この度の、東北関東大地震の被害にあわれた方々には、心よりのお見舞いを申し上げます。
現在の被災地で、食料、医療、燃料、衣料等が不足している状況は、報道されている通りですが、交通輸送状況が制限されており、なかなか被災地現地に届けられないのが実情です。現時点では、医療関係者、NPO法人支援関係者の車両は被災地の近くまで物資をとどけられ、自衛隊等に委託するという状況が続いています。
この未曾有の国難に対しまして、私達、NPO法人「星」は微力ながらも支援体制を作り行動しております。状況は刻一刻と変わっていますが、その時点で出来る被災地への支援物資の輸送手段で対応させていただきます。

皆様におかれまして、保存ができる食品菓子等をご喜捨していただきたく、宜しくお願い申し上げます。皆様の暖かいお気持ちに対して誠意を持って、被災地の方々に責任をもって届けて参ります。なにとぞ、ご理解とご協力のほど、心よりお願い申し上げます。

敬具
特定非営利活動法人 星  代表理事 林久義

支援物資集荷体制は、以下の通りです。
☆日時:第一便 平成23年3月18日 午後3時までに持ち込み
第二便 平成23年3月25日 午後3時までに持ち込み
☆集積場所:飛騨運輸高山支店 搬送ヤード
現場担当者:高山支店 0577-32-3350
☆箱に「緊急支援物資」と大きく記入して下さい。
また、「商品名」「賞味期限」を記入下さい。
☆現場に届くまで日数がかかります。賞味期限3ヶ月以上のものをお願いいたします。
生物はご遠慮下さい。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

以下私達、NPO法人「星」の履歴事項全部証明書の内容です。

名称:特定非営利活動法人 星
会社法人等番号:1814-05-001459
主たる事業所:愛知県あま市甚目寺町甚目寺字東門前36
甚目寺観音釈迦院内
法人設立年月日:平成21年10月27日
発動内容:障害者、青少年、高齢者等に対しての地域福祉支援
目的等:保健、医療、福祉の増進を図る活動等
社会教育の推進を図る活動等

代表理事 林 久義
副理事  岡部快基
理事   斎田和祐
監事   小出義和
以上、よろしくお願いいたします。