タルタン寺便り」カテゴリーアーカイブ

青空と新緑にカッコウ

青空と新緑にカッコウ

師タルタン・トゥルクとの出会いと吉福伸逸氏

 師タルタン・トゥルクとの出会いは1983年三田の龍源寺で、C+F主催「タルタン・トゥルクTSK(時間、空間、知識)セミナー」にスタッフとして参加した縁でした。1983年中国政府が外国人旅行者を受け入れた機に、タルタン・トゥルクは米国籍でチベット内を訪れた初のチベットラマだと思います。その帰国の途に日本に立ち寄る情報を当時の通訳越川氏よりC+Fコミュニケーションズの吉福伸逸氏に打診があり、TSKセミナーが実現したのでした。

 吉福伸逸氏には、80年初頭インド帰りの跳んだ私を受け入れて頂き「早稲田大学神秘哲学研究会」のメンバーたちとグルジェフワークの実験グループ「グルジェフ研究会」として数年間、神秘学、ニューエイジサイエンス、トランスパーソナル心理学など当時の最先端の精神世界の教えを直接御指導下さいました。
 吉福氏のクールながらも要訣をついたアドバイスによって、私の精神の道を奥深いものへと導いて頂きました。高円寺にあったC+Fの吉福氏の仕事部屋は、禅寺老師の方丈ような厳しくも内心ユーモアーに包まれていたトーンが、今でも忘れられません。

 当時私の内心では、グルジェフの深い神秘思想に引かれながらも「グルジェフには愛がない!」との最終結論に至り、仏教の「智慧と慈悲」を求めていった経過がありました。私をグルジェフからチベット仏教、カリフォルニアのオディヤン寺院に導いてくださった吉福氏に、今も感謝しています。 
 2013年、吉福氏はハワイのご自宅でご逝去されました。心よりご冥福をお祈り致しております。

仏法を守り伝えるガルダ鳥

 タルタン寺の建築中から今も上空には、鷹が飛んでいます。庭先の電柱に留まり遠方を見つめるか、時に獲物を悠々と食しています。
 御嶽信仰の四神獣の中に、鷹がいます。仏教において、ガルダ鳥は迦楼羅(かるら)、また金翅鳥(こんじちょう)と呼ばれて、呪力ある聖音を詠う力があるため、仏法の守護神となっています。経文や陀羅尼、真言を天に伝え、世間に響き渡らせる神獣なのです。

 我寺では鷹を見るとガルダ様と敬い、マントラを唱えます。
真っ青に晴れ渡る大空を両翼を広げ真っ直ぐに飛ぶ姿は、天翔る鳥として仏法を守り伝えるシンボルでもあるのです。

大空を天翔る鳥は、菩薩のよう
利他と般若の二翼を持って
何ものにも頼ることなく
ただ、菩提の空を舞い上がる

「みのおわり」の仕組みを解き明かす因縁

 長い長いリトリート(瞑想修行)が明けた気がします。

 1997年の今日、お釈迦様降誕会4月8日、岐阜市での高校講師を辞し、御嶽山北西一合目飛騨の秋神に移住しました。転居届と婚姻届を役場に提出し、良く言えば古民家、雨漏りし一部壁と床がない、実態はお化け屋敷での新婚生活が始まりました。
 上下水はなく、まだ雪残る外に山水のホースが一本あるのみ。飛騨の自然、山野草と野生動物の宝庫、希望と夢いっぱいのこの地で、子供3人を育ててきました。
 2000年には近くに土地を購入し、サンドゥペルリ形式の立体曼荼羅、ウッディヤーナ山タルタン寺の自作建築を始めます。三層吹き抜けの中央部には、9mの仏舎利塔を完成。師タルタン・トゥルクの法脈を守るチベット仏教寺院建立の請願を成就しました。

 長い長いリトリートが明けた気がします。
 これからは、次なるビジョンに向けての活動に専念してゆきたいと思っています。
 それは、美濃尾張伊勢三国を支配した土岐頼康(1388没)の枕元に、艮の金神が閻魔大王の姿で現れ、「我を艮に祀るべし」と霊夢を得たことを因とし、私を飛騨の地に向かわせた「みのおわり」の仕組みを解き明かすことであり、私の林一族の650年前の因縁を探る中学夏休みの「長森城の研究」以来、50年亘る研究成果を形に表す時がきたと思っています。

この写真は、土岐頼康が自ら彫った「閻魔大王」です。
(現在岐阜城二の丸閻魔堂に安置)


「オーン
 御嶽大権現の大御霊様
 世界経綸の扉を開く
 みのおわりの艮の金神にて
 遥か古より万国大日の本におわします
 豊受大神国常立尊

ー御嶽大権現祝詞真言よりー

チベット旧暦お正月をお祝いします

チベット旧暦お正月をお祝いします。

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます
皆様に幸多き年となりますように。
Happy New Year!
I wish you a year filled with peace , good health and happiness♪

ジャムヤン・キェンツェ・チョキ・ロドの教え

過去に留まらず、未来をも期待せず、
六識に何が現れようとも、
固執せず、ただ受け流すよう。

ジャムヤン・キェンツェ・チョキ・ロド

タルタンリンポチェの直弟子、ビルの法要

 私の兄弟子ビル・ファージンが、先月死去した。
 1984年オディヤン寺院に日本人として初めて修行した時、彼は私を温かく迎え入れニンマの教えに深く道びいてくれた先達が彼であった。
 ビルは、タルタンリンポチェにアナンダのように慕う初期からの直弟子であった。彼は料理人、庭師、芸術家とあらゆる分野に精通した知識と技術の保持者であり、菩薩の良き標べであった。
そして、私のエニアグラムタイポロジィの先生でもあった。
 今日満月の吉日に、オディヤン寺院、ニンマインスティチュート、ラトナリンら全てのコミュニティで彼の法要が行われる。ここ日本のタルタン寺でも、彼のバルドの解放を祈り、法要を心から執り行う。

My great elder Dharma brother Willam Farthing, nick named Bill, were passed away at last Nov.
In 1984 of my first living at Odiyan, Bill gave me a heartfelt welcome and led me deep Nyingma teaching.
Bill was a direct disciple of Tarthang Rinpoche who was like Ananda from the beginning in ’70. And Bill held great knowledge and skills with cooks, gardeners, artists, ceremony leader and all directions.
And Bill was a good example of Bodhisattva and disciple for all community practitioner.
Especially, He was my teacher of the Enneagram Typology.
On the full moon today, We Sangha member of Tarthang Temple in Japan will hold a ceremony from heart for Bill’s liberation of Bardo, as well as all Nyingma community of Odiyan Temple, Nyingma Institute, Ratna ling and all international Nyingma centers.

冬の夜空

秋の乗鞍

タルタン・リンポチェへの長寿の祈り

タルタン・リンポチェ
クンガ・ゲレック・イェシェ・ドルジェ(Kun-dga dGe-legs Ye-shes rDo-rje)への長寿の祈り

ゾンサー・ジャムヤン・キェンツェ記す

クン(Kun)ツザンポ・ガ(Ga)ラップドルジェ・ヴァイロツァーナ、
我らニンマ派の三種の相伝による全ての持明者の御師達。

この法脈を護持し弘法するタルタン・リンポチェの菩薩行に、
比類なき思念を以って称賛いたします。

崇高なる具現者タルタン・リンポチェの蓮華の御足が堅固であられますよう、
私、ゾンサー・ジャムヤン・キェンツェがお祈りいたします。

タルタン・リンポチェの知識と慈悲と法力の完成は、
善根(dGe-legs)と功徳の白蓮華の輝きを自発の因とし、
三界の闇の深みを照らし出す太陽のよう。

タルタン・リンポチェの仏法の教えが存続し、
その栄誉と功績が末長く伝えられますよう。

不死なる原初の智慧(Ye-shes)の大いなる輝き、
無量寿如来の光明よ、
仏法を護持する比類なき高貴なタルタン・リンポチェを祝福し、
更なる法力が与えられますよう。

タルタン・リンポチェの三密と三身が、
不滅の金剛(rDo-rje)として、
この地上に留まり続けますよう心よりお祈りいたします。

           ※

タルタン・リンポチェの娘、ツェリンの勧めにより、
私、ゾンサー・キェンツェ・トゥプテン・チョキ・ギャツォが、
最勝なる帰依処である吉祥の法要に寄与される、
最善なるタルタン・リンポチェが、健康で長寿であられますよう、
この祈願文を記し、心よりお祈りします。

2013年癸巳10月3日の朝

シッディラツ!
この祈りが成就しますように!

三年唱え続ける「御嶽大権現祝詞真言」と「ツァツァ」の奉納

3年前の御嶽山噴火以来、「御嶽大権現祝詞真言」を唱え続けています。

また、30年前から全国各地の霊地に大地を清め地震を鎮める「ツァツァ」を奉納しています。
本年有難い仏縁を得て、タルタン・トゥルクより預かったチベット大蔵経をマイクロフィルムに縮刷した特別の「ツァツァ」を、3月に四国愛媛県伊予郡砥部町に、7月には九州熊本市肥後国分寺様に、9月には東北宮城県蔵王山頂に奉納することができました。
「大難を小難に、小難を無難に」と祈り、チベットの霊的なオブジェを全国に奉納し続けています。

オーン
御嶽大権現の大御霊様
世界経綸の扉を開く
みのおわりの艮の金神にて
遥か古より万国大日の本におわします
豊受大神国常立尊
 
その本地は観世音菩薩にして
慈雨の如く衆生を豊かに潤し恵みて
法身阿弥陀如来の智慧の光明
密意パドマサムバヴァの金剛心
円満成就の神変を以て

八紘一宇の大日の本を
栄え給え、幸え給え
守り給え、鎮まり給え
安寧の弥勒の世へと、導き給え

三世十方諸仏の如来の智慧よ
最善の働きへと解き放ち給え

かむながらたまちはえませ
かむながらたまちはえませ
フン パット

この夏の記憶

この夏の記憶


夕暮れ時の静寂

HPを再開しました

しばらくサーバーのトラブルでダウンしていたホームページを再開しました。
改めて、よろしくお願いいたします。

タルタン・トゥルク 1975年インタヴュー

タルタン・トゥルク 1975年インタヴュー

ニンマの教えと瞑想
クムニェ リラキゼーション
シンジャン 高次の覚醒意識
祈り

新春をお祝い致します

新春をお祝い致します。
1997年飛騨高山御嶽山北西の霊地「秋神」に移住し以来、
立体マンダラ建築タルタン寺建立を犀の角の如く一心に努めてきました。
昨年、寺中央部に8mの仏舎利塔を完成する事ができました。
この地から更に、正法の祈りと瞑想を深めると誓っています。
本年は新たなチャレンジを形にする時だと感じています。

講座 NO.29 カルト問題と心理臨床(9)

講座 NO.29 カルト問題と心理臨床(9)
私の脱会カウンセリング
― チベット仏教の立場から見たオウム真理教とその信者やご家族とのかかわりから ―
日 時:平成29年2月4日(土) 10:30~16:30
場 所:文京区本郷 2-27-8 太陽館ビル 202 号室 (財)日本心理研修センター研修室

日本臨床心理士会
一般社団法人日本臨床心理士会臨床心理講座

秋の神様を感じる一刹那

秋の神様を感じる一刹那
16115

タルタン・トゥルク・リンポチェの81歳のお誕生日をお祝いします

タルタン・トゥルク・リンポチェの81歳のお誕生日をお祝いします。
我が師のご生誕と長寿を心よりお祝いいたします。
1010rinpoche