みのおわり」カテゴリーアーカイブ

師タルタン・トゥルクとの出会いと吉福伸逸氏

 師タルタン・トゥルクとの出会いは1983年三田の龍源寺で、C+F主催「タルタン・トゥルクTSK(時間、空間、知識)セミナー」にスタッフとして参加した縁でした。1983年中国政府が外国人旅行者を受け入れた機に、タルタン・トゥルクは米国籍でチベット内を訪れた初のチベットラマだと思います。その帰国の途に日本に立ち寄る情報を当時の通訳越川氏よりC+Fコミュニケーションズの吉福伸逸氏に打診があり、TSKセミナーが実現したのでした。

 吉福伸逸氏には、80年初頭インド帰りの跳んだ私を受け入れて頂き「早稲田大学神秘哲学研究会」のメンバーたちとグルジェフワークの実験グループ「グルジェフ研究会」として数年間、神秘学、ニューエイジサイエンス、トランスパーソナル心理学など当時の最先端の精神世界の教えを直接御指導下さいました。
 吉福氏のクールながらも要訣をついたアドバイスによって、私の精神の道を奥深いものへと導いて頂きました。高円寺にあったC+Fの吉福氏の仕事部屋は、禅寺老師の方丈ような厳しくも内心ユーモアーに包まれていたトーンが、今でも忘れられません。

 当時私の内心では、グルジェフの深い神秘思想に引かれながらも「グルジェフには愛がない!」との最終結論に至り、仏教の「智慧と慈悲」を求めていった経過がありました。私をグルジェフからチベット仏教、カリフォルニアのオディヤン寺院に導いてくださった吉福氏に、今も感謝しています。 
 2013年、吉福氏はハワイのご自宅でご逝去されました。心よりご冥福をお祈り致しております。

仏法を守り伝えるガルダ鳥

 タルタン寺の建築中から今も上空には、鷹が飛んでいます。庭先の電柱に留まり遠方を見つめるか、時に獲物を悠々と食しています。
 御嶽信仰の四神獣の中に、鷹がいます。仏教において、ガルダ鳥は迦楼羅(かるら)、また金翅鳥(こんじちょう)と呼ばれて、呪力ある聖音を詠う力があるため、仏法の守護神となっています。経文や陀羅尼、真言を天に伝え、世間に響き渡らせる神獣なのです。

 我寺では鷹を見るとガルダ様と敬い、マントラを唱えます。
真っ青に晴れ渡る大空を両翼を広げ真っ直ぐに飛ぶ姿は、天翔る鳥として仏法を守り伝えるシンボルでもあるのです。

大空を天翔る鳥は、菩薩のよう
利他と般若の二翼を持って
何ものにも頼ることなく
ただ、菩提の空を舞い上がる

飛騨霊山の重心の地、秋神

 飛騨の語源は「ひだき神事」にあると言われています。火を囲み霊(ひ)を祀る行為は、超古代の飛騨人の高い霊性を感じます。6cに飛騨の豪族両面宿儺は大和朝廷に対し最後の祀ろわぬ民と記録に残され、その聖地位山は巨石群やペトログリフの痕跡から古代ピラミッドであったとも言われています。
 位山より東方飛騨山脈に乗鞍がそびえ立ち、この乗鞍は霊山「神の御座す山」として、人が入ることが禁じられた聖地として敬われてきました。

 その霊山乗鞍を祈りの憑代として、南方より修行をする地が御嶽山です。古代修験道において女人禁制の霊山が多い中、御嶽山は男女が共に修行に入る地であったとも言われています。全ての霊山が一山四水の曼荼羅構造であるように、東で入門、南で修行、西で成就、北で涅槃に入る修行の地であったのです。御嶽山より乗鞍に御座す神を祈り修行に入る。飛騨山脈は将に聖域であったのです。

 標高1000mの秋神の地は御嶽山の北西に位置し、男女で修行し成就した後、涅槃に入るまでの古代の隠れ里であったと推測します。現在は浄土真宗系2ヶ寺のみが現存しますが、かつては真言宗や禅宗のお寺が6ヶ寺ほどあったとも伝えられ、今も修験道の信仰と修行の地として、飛騨側から御嶽山に修行に入る一合目の地が秋神なのです。位山、乗鞍、御嶽山の二等辺三角形の飛騨の霊山の重心の地が、秋神でもあります。

 しかし、今では210日の風の日に行う「天狗祭り」のみが、その霊的伝承を形として残すのみです。

「みのおわり」の仕組みを解き明かす因縁

 長い長いリトリート(瞑想修行)が明けた気がします。

 1997年の今日、お釈迦様降誕会4月8日、岐阜市での高校講師を辞し、御嶽山北西一合目飛騨の秋神に移住しました。転居届と婚姻届を役場に提出し、良く言えば古民家、雨漏りし一部壁と床がない、実態はお化け屋敷での新婚生活が始まりました。
 上下水はなく、まだ雪残る外に山水のホースが一本あるのみ。飛騨の自然、山野草と野生動物の宝庫、希望と夢いっぱいのこの地で、子供3人を育ててきました。
 2000年には近くに土地を購入し、サンドゥペルリ形式の立体曼荼羅、ウッディヤーナ山タルタン寺の自作建築を始めます。三層吹き抜けの中央部には、9mの仏舎利塔を完成。師タルタン・トゥルクの法脈を守るチベット仏教寺院建立の請願を成就しました。

 長い長いリトリートが明けた気がします。
 これからは、次なるビジョンに向けての活動に専念してゆきたいと思っています。
 それは、美濃尾張伊勢三国を支配した土岐頼康(1388没)の枕元に、艮の金神が閻魔大王の姿で現れ、「我を艮に祀るべし」と霊夢を得たことを因とし、私を飛騨の地に向かわせた「みのおわり」の仕組みを解き明かすことであり、私の林一族の650年前の因縁を探る中学夏休みの「長森城の研究」以来、50年亘る研究成果を形に表す時がきたと思っています。

この写真は、土岐頼康が自ら彫った「閻魔大王」です。
(現在岐阜城二の丸閻魔堂に安置)


「オーン
 御嶽大権現の大御霊様
 世界経綸の扉を開く
 みのおわりの艮の金神にて
 遥か古より万国大日の本におわします
 豊受大神国常立尊

ー御嶽大権現祝詞真言よりー