投稿者「頓覚阿法」のアーカイブ

ディルゴ・キェンツェ・リンポチェの教え

 1991年正月ブッダガヤにて、 ディルゴ・キェンツェ・リンポチェより「ジャムヤン・キェンツェ・ワンポ オーセルニンティクのワン(灌頂)」を授かる得難き仏法を得る機会があった。
 その9月、リンポチェはブータンはパロのキチュゴンパにて遷化された。
  師の要訣を守り、飛騨の山奥に住み20年が過ぎた。
   今も、師の教えは生きている。

 始めに修行者は、花から花へと蜜を集める蜂のようであるべきだ。
仏法を聴き学ぶ段階では、言葉と意味の両方を注意深く学びなさい。

 次に、あなたは野生の動物のように生きなさい。
単なる理論的な理解に満足せず、日常の多忙な雑事から自由であるよう、山奥で孤独に生きなさい。
仏法の深遠な意味を直接に知覚できるよう、自給自足をし、修行に集中し、それを強固なものにしなさい。

 ついには、教えと修行が一つとなり存在と修行の果が統合されるまで、固い大地に杭を打ち込むよう努めなさい。
思考によって瞑想が揺らぐことのないよう、金剛なる意識に留まりなさい。

 断見と常見という限られた概念を内から断つことで、究極の存在の本質の相に直面する。

                ディルゴ・キェンツェ・リンポチェ

“You, the practitioner, should first of all be like a bee going from flower to flower collecting nectar. At the stage when you are listening to and studying the teachings, learn all of them carefully, in both words and meaning. Then, you should be like a wild animal. Not satisfied with a mere theoretical understanding, go to live in mountain solitudes where you can be free from all the busy involvement of ordinary life. Be self-sufficient and firm in one-pointed practice, as you discover directly for yourself the profound meaning of the teachings. Finally, as you put the teachings into practice and integrate them with your being, you should be like a peg driven into hard ground. Unshaken by thoughts during meditation, remain unwavering. Cut away all limiting concepts of existence and non-existence from within, and directly encounter the face of the ultimate nature of everything. ” Kyabje Dilgo Khyentse Rinpoche

サムイェ寺院宝物殿所蔵 シャンタラクシタ頭蓋骨

ラサ郊外、サムイェ寺院宝物殿所蔵。23年前入蔵時、面前礼拝。
合掌。
7:7

小さき訪問者

IMG_2454
ハラビロトンボ

IMG_2496

アサマイチモンジ

初夏 虫の音と風の囁き

サカダワ(旧暦4月)をお祝いいたします

サカダワ(旧暦4月)をお祝いいたします。
14:5:29

お釈迦様の降誕をお祝いいたします

お釈迦様の降誕をお祝いいたします。
末法の世に、お釈迦様の正法の光が届きますよう、お祈りいたします。
2016Ttemple

3.11祈りの風景 2016

3/11の鎮魂と供養を祈り、108のツァツァを製作しました。ズン(お経)やレリックスなどの御霊体を納めました。
チベットに伝わる「ツァツァ」は、地に埋めることで大地のエネルギーを浄化すると言われます。粘土で型取り素焼きにし、底部の穴には経典や真言、貴重なレリックスを納めます。タルチョ(仏旗)は天を清め、ツァツァは地を清め、マニ車の経典が、人を清めます。
16:3:11

3.11祈りの風景 2015

賢刧経

千の現在仏を説く貴重な賢刧経(バドラカルピカ)
仏法を学べる今に感謝
TBRC
Bhadrakalpika

チベット陰暦2143年のお正月をお祝いします

チベット陰暦2143年のお正月をお祝いします。

16:2:7

世界に平和が訪れますよう、お祈りします。

チャタール・リンポチェが御遷化

ニンマ派一番の尊敬を集める最長老ラマ、チャタール・リンポチェが御遷化されました。チベット仏教のみならず、現代の仏法の体現者を失った悲しみは深い。ラマ・キェン・ノー(師のお側に居られますように)
16:1:5
チャタール・リンポチェの言葉

年の暮れに染まる清浄なる雪山

年の暮れ、染まる清浄なる雪山
宇宙の輝き、映す母なる大地
我が一念の祈り、微塵の投影
虚空に光る、大空のダルマ

15:12:30-1

15:12:30-2

冬至の朝

深い静寂の闇が晴れ、光の朝へ。
清浄なる新たな時代の流れへと開いてゆきますよう、
原初の智慧にお祈りします。

15:12:22

晩秋から立冬の気配

晩秋から、例年なら初雪の気配です。
4308

タルタン・トゥルク・リンポチェの80歳のお誕生日をお祝いします

10月10日、タルタン・トゥルク・リンポチェが80歳のお誕生日を迎えます。
我が師のご生誕と長寿を心よりお祝いいたします。

t.rinpoche

タルタン・トゥルク・リンポチェ

1935年、東チベットのゴロク地方に生まれる。幼少の頃、ニンマ派六大寺院の一つペユゥル・タルタン寺院の転生ラマとして認められ、ジャムヤン・ケン ツェ・チョキ・ロドを始めとする7人の根本ラマから、そしてニンマ、カギュ、サキャ、ゲルクの25人の師から仏教教育を受ける。24才の時、チベット政府 の要請によりインドのベナレスサンスクリット大学で教鞭をとる。

35才でアメリカに渡り、カリフォルニア州バークレー市にチベタン・ニンマ・メディテーション・センター、ニンマインスティチュート、出版社ダルマパブリッシング、印刷所ダルマプレスを設立する。1975年より、北カリフォルニア山中に国際仏教センターをめざすオディヤン寺院の建築を始め、1996年に完成し落慶法要式が行われる。また、散逸する危機にあるチベット大蔵経、蔵外経典の復刻版の開版を数十年の歳月をかけて成し遂げる。
1989年より毎年インドのブッダガヤで
モンラム・チェンモ(世界平和千僧供養)を主催し、チベット仏教界に影響を与えている。

タルタン・トゥルク・リンポチェへのインタビュー

ネパール大震災への支援活動報告

この度は、ネパール大震災への支援の浄財を御喜捨いただきましてありがとうございます。心より感謝のお礼を申し上げます。
 4月25日にネパールを襲った大地震の被害は、耐震強度を持たない寺院や住宅を倒壊させ、また道路を寸断しライフラインが断たれ、ネパール人にとって多くの犠牲を強いられた悲しい災害となってしまいました。震災より三ヶ月を過ぎ、今では酷い余震もなく生活は徐々に平穏を取り戻していると聞いています。

 私たち「NPO法人☆星☆」は知的障害者カウンセリング支援団体ですが、東日本大震災での支援を機会に災害支援を行うことを方針の一つとし、この度のネパール大震災への支援もささやかながら行動を起こしました。
 支援方針は、ネパール現地の多民族社会ゆえの複雑な政治状況と過密化したカトマンズ盆地や山岳地帯での物流経済状況等を鑑み、パタン(バクタプール)市ロータリークラブへの提携支援を中心に行うことと判断しました。

 5月末に第一次支援金を送金しました。そしてこの度、7月末を以って第二次支援金とし、37万円を送金することができました。多くの皆様から御喜捨いただいた浄財は、一次と二次の支援金、合計約100万円の浄財を現地のヒマラヤパタンロータリークラブに銀行間送金によって確実に届けることができました。
 どうもありがとうございました。心より感謝の気持ちを申し上げます。

 皆様の心あるネパールへの温かい想いは、ヒマラヤパタンロータリークラブを通して、震災直後に被災地へ食料、毛布、簡易浄水装置など緊急支援物資の配布がされました。また6月からは被災地の各小学校の子供達の支援を中心に、学習教材、カバンなどを配布しています。
 また、家や資産、家族を失った子供達のメンタルケアを女性たちが中心となって行っています。そして、現在は、壊れた学校の修復に可能な限り取り掛かり、明日を担う若い命へのサポートを行っています。
 ネパール大震災への支援活動は今後も必要に応じて引き続き行ってゆきたいと思いますが、この3ヶ月間の支援活動報告としてご連絡を申し上げます。
 今後とも「NPO法人☆星☆」の活動を、どうぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

                    合掌

                    NPO☆星☆ 代表 林久義

タルタン・トゥルクの夢ヨーガの技法が紹介されました

タルタン・トゥルクの夢ヨーガの技法が紹介されました。私も30年来の夢ヨーガの行者として、ヴィジョンを形にする行を続けています。

☆夢ヨーガ☆
著:タルタン・トゥルク 訳:林久義

明晰夢をマスターして、眠っている間にクリエイティビティを高めよう
続きを読む

グル・リンポチェ、パドマサムバヴァの降誕をお祝いします

グル・リンポチェ、パドマサムバヴァの降誕をお祝いします。
1
ジャ・ル(虹の身体)のグル・リンポチェ、パドマサムバヴァ

ネパール大震災支援報告

拝啓

 皆様におかれましては、益々御弥栄のことと存じます。
この度は、ネパール大震災への支援の浄財を御喜捨いただきましてありがとうございます。心より感謝のお礼を申し上げます。現在、ネパール政府による海外からの送金規制がありますが、直接届く手立てが確立しましたので、御喜捨いただいた浄財は現地のヒマラヤパタンロータリークラブに確実に届けることができる運びとなりました。
 皆様からの御喜捨いただいた浄財は60万円となり、第一次支援金として現地に送金することができました。 続きを読む

ネパール大地震への緊急支援の浄財のお願い

 この度のネパール大地震の被害にあわれた方々には心よりのお見舞いを申し上げます。私は35年来のネパールとの深い仏縁を以って、ネパールへの支援をさせていただきたいと思っております。

 海外であるネパールへの支援は、ネパール現地の多民族社会ゆえの複雑な政治状況と過密化したカトマンズ盆地や山岳地帯での物流経済状況等を鑑み、パタン(バクタプール)市ロータリークラブへの提携支援を中心に行うことを以下の理由から判断しました。

1)パタン市ロータリークラブは、すでに震源地や地方の被災地への食料やテント、毛布、医薬品、水の簡易濾過装置による給水等の直接的支援を自費で始めています。パタン市中心部の旧王宮でも多くの文化財的寺院が倒壊し死傷者がいますが、パタン市ロータリークラブできる限りの震源地地域を中心に回り状況を把握しながら、迅速な救援支援を行っています。
 パタン市は釈迦族の末裔とも言われる仏教徒のネワーリ族が暮らし、仏像や仏画、建築物などネパール伝統美術文化製作の中心的役割を果たしております。ネワーリ族は仏教徒として温厚で誠実な性格で、その勤勉さからの精密な仏教美術工芸作品は世界的に評価されています。
 私は、2008年から2010年にかけて行われた「スワヤンブナートストゥーパの大修復プロジェクト」にスタッフとして参加した際にも、プロジェクトの修復作業は全てサキャ族によって実質的作業が進められてきました。
 中でもパタン市ロータリークラブはパタン市仏教協会と共に慈善活動を長く行っている信頼ある団体です。
 私はオディヤン寺院で共に修行をした法友ソナム・サキャ氏を始め多くのサキャ族の法友との仏縁から、この度のネパール大震災の支援活動をパタン市ロータリークラブ、パタン市仏教協会への支援体制を構築したいと思います。 続きを読む

「オウム信者脱会カウンセリング」出版のお知らせ

此の極寒の雪安居に、二十年来のオウム信者の脱会カウンセリング活動を、一冊の本に記しました。
ご一読ご批評いただければ、幸に存じます。また 御縁ある方々に広くお知らせいただき、共にこの問題を共有いただければ有難いです。

オウム信者脱会カウンセリング
ー虚妄の霊を暴く仏教心理学の実践事例−

定価(本体1500円+税)2015/3/21発売
発売:星雲社 ISBN978-4-434-203992-2
全国の書店で購入、注文出来ます。
表紙最終

   目次
   出版に寄せて オウム真理教家族の会 会長 永岡弘行
   はじめに
第一章 虚妄の霊 続きを読む