タルタンリンポチェの直弟子、ビルの法要

 私の兄弟子ビル・ファージンが、先月死去した。
 1984年オディヤン寺院に日本人として初めて修行した時、彼は私を温かく迎え入れニンマの教えに深く道びいてくれた先達が彼であった。
 ビルは、タルタンリンポチェにアナンダのように慕う初期からの直弟子であった。彼は料理人、庭師、芸術家とあらゆる分野に精通した知識と技術の保持者であり、菩薩の良き標べであった。
そして、私のエニアグラムタイポロジィの先生でもあった。
 今日満月の吉日に、オディヤン寺院、ニンマインスティチュート、ラトナリンら全てのコミュニティで彼の法要が行われる。ここ日本のタルタン寺でも、彼のバルドの解放を祈り、法要を心から執り行う。

My great elder Dharma brother Willam Farthing, nick named Bill, were passed away at last Nov.
In 1984 of my first living at Odiyan, Bill gave me a heartfelt welcome and led me deep Nyingma teaching.
Bill was a direct disciple of Tarthang Rinpoche who was like Ananda from the beginning in ’70. And Bill held great knowledge and skills with cooks, gardeners, artists, ceremony leader and all directions.
And Bill was a good example of Bodhisattva and disciple for all community practitioner.
Especially, He was my teacher of the Enneagram Typology.
On the full moon today, We Sangha member of Tarthang Temple in Japan will hold a ceremony from heart for Bill’s liberation of Bardo, as well as all Nyingma community of Odiyan Temple, Nyingma Institute, Ratna ling and all international Nyingma centers.

コメントを残す