ディルゴ・キェンツェ・リンポチェの教え

 1991年正月ブッダガヤにて、 ディルゴ・キェンツェ・リンポチェより「ジャムヤン・キェンツェ・ワンポ オーセルニンティクのワン(灌頂)」を授かる得難き仏法を得る機会があった。
 その9月、リンポチェはブータンはパロのキチュゴンパにて遷化された。
  師の要訣を守り、飛騨の山奥に住み20年が過ぎた。
   今も、師の教えは生きている。

 始めに修行者は、花から花へと蜜を集める蜂のようであるべきだ。
仏法を聴き学ぶ段階では、言葉と意味の両方を注意深く学びなさい。

 次に、あなたは野生の動物のように生きなさい。
単なる理論的な理解に満足せず、日常の多忙な雑事から自由であるよう、山奥で孤独に生きなさい。
仏法の深遠な意味を直接に知覚できるよう、自給自足をし、修行に集中し、それを強固なものにしなさい。

 ついには、教えと修行が一つとなり存在と修行の果が統合されるまで、固い大地に杭を打ち込むよう努めなさい。
思考によって瞑想が揺らぐことのないよう、金剛なる意識に留まりなさい。

 断見と常見という限られた概念を内から断つことで、究極の存在の本質の相に直面する。

                ディルゴ・キェンツェ・リンポチェ

“You, the practitioner, should first of all be like a bee going from flower to flower collecting nectar. At the stage when you are listening to and studying the teachings, learn all of them carefully, in both words and meaning. Then, you should be like a wild animal. Not satisfied with a mere theoretical understanding, go to live in mountain solitudes where you can be free from all the busy involvement of ordinary life. Be self-sufficient and firm in one-pointed practice, as you discover directly for yourself the profound meaning of the teachings. Finally, as you put the teachings into practice and integrate them with your being, you should be like a peg driven into hard ground. Unshaken by thoughts during meditation, remain unwavering. Cut away all limiting concepts of existence and non-existence from within, and directly encounter the face of the ultimate nature of everything. ” Kyabje Dilgo Khyentse Rinpoche

コメントは停止中です。