百万分の一の独立

この秋、知人から設置することのなかった正三角形の太陽光パネル12枚を戴きました。11月に雪が降る前にと、3F越屋根部に取付け。電気の専門知識は全くないのですが、一から独学で学びシステムを構築しました。
パネルの総出力量が600Wほどですが、デープサイクルバッテリー(24V230Ah)に蓄電しコントローラーで変換し、家庭用100Vで利用。上手く使えば1kWほどを賄える計算です。勿論、電力会社に売電など考えてはいません。1kWの独立系システムです。オフグリッド電力システムです。

原子力発電所一基が、約百万キロワットの出力があると聴きますので、たった百万分の一の独立です。が、実際に行ってみると、なんとも清々しく、愛おしい自作の電気です。
今は、100円ショップのエコワット蛍光球に照明を換え、ほとんどの照明を賄うつもりでしたが、現在は先週からの雪でパネルは積雪に埋もれています。残念!
来年は、水力発電に挑戦しよう!

百万分の一の独立」への1件のフィードバック

  1. >来年は、水力発電に挑戦しよう!
    独立系水力発電機DIYはすごく簡単ですよ。
    ACサーボモーターと水車。整流器で材料さえあれは3日あれはできます。
    コストは2万円もあれは100W以下でOKのハズ.
    普通は水源がないのでみんなできねいけど。
    24時間発電するので小さな発電機でも驚くほど効率がいい。
    太陽電池よりもその場所だといいかもしれない。

コメントを残す