カンドロ・サンユム遷化

先の5月30日、師タルタン・トゥルクの根本ラマジャムヤン・キェンツェ・チョキロドのカンドロ、キェンツェ・サンユム(Khandro Tsering Chödrön, Khyentse Sangyum)が遷化されました。

かつて、オディヤン寺院で、また、シッキムガントク旧王宮のジャムヤン・キェンツェ・チョルテンの前でグル・リンポチェのブレッシングをいただいた仏縁を深く心に刻み、菩提の道を歩み続けることをあらためて誓っております。

カンドロの光明が、法性のバルドから十方世界に広がり、人々が深遠なるゾクチェンの道に目覚めますことを心よりお祈りいたします。

コメントを残す