TSK(時間・空間・知識)

TSK(時間・空間・知識)

生徒 リンポチェの著された「時間・空間・知識」シリーズについてうかがいます。リンポチェは、この本は「時間・空間・知識」の本自身によって勝手に書かれたものだと述べておられますが、これはどのように理解すればよいのでしょうか。

リンポチェ もし、時間と空間というものが知識を持っているとした ら、この知識は私たちにとって掛け替えのない知識と言えます。この本は、こういった知識の顕現の一つの姿であると言うことができますし、知識そのものに よって勝手に書かれたと言うこともできるでしょう。それは自我が所有したり自分勝手に使うような知識とは、同じでないと信じています。
このTSK(時間・空間・知識)のヴィジョンの中では、知識の外側に立つものは何もなく、「部外者」というものは存在しません。これが理解の第一段階で す。第二段階になると、知識とは主体との相互作用となります。更に第三段階になると、知識を所有する存在すらいなくなります。知識は知識の中に生まれるか らです。知識とは、人間の知覚から生じるのでも、ある特定の知るという行為から生じるのでもないのです。もしそうであれば、知識とは非常に限定されてしま います。
一般に、本は誰かによって書かれていると理解されますが、本当は、知識が知識と相互作用をしながら新たな知識を生んでいるのです。これが知識の創造であ り、顕現でもあります。「時間、空間、知識」というこの三つのテーマの外側には何も存在しません。つまり、誰かが何かを受け入れたり拒絶するということは ないのです。

>(夢ヨーガ チベット仏教至宝の瞑想 第六章ヴィジョンより抜粋)